個人情報をスマホから消す際の基本手順

日本におけるスマートフォンのリサイクルは、リサイクルの一形態であるリユースが主となるために、資源再生に当たるリサイクルへの認知度が低いのが実情で、その主な原因となっているのが、内部構造的にパソコン近いにもかかわらず、リサイクル方法がパソコンと異なる点です。

スマホのリサイクルと独自性の要因

スマートフォンをリサイクルする場合、最も重要なことは、リサイクル先がどうあれ入力済みの個人情報法を完全に消去してしまうことによる、個人情報漏洩防止の徹底であり、スマートフォンの機種や搭載されているOSに一切関係することなく、入力済み個人情報だけは絶対に消去しなければなりません。

しかし、スマートフォンの個人情報をどうすれば消去できるのか分からないことには、消去のしようがありませんので、機種・OSに関係なく共通するスマートフォンの個人情報の消去方法について触れていきます。

やるべきことはスマートフォン内蔵の差し込み型記憶媒体を取り除き、電話番号やメールアドレス、通信履歴のような電話機能に関わる個人情報を記録しているSIMカード、スマートフォンの利用時に保存できるデータの総量を増やすためにデータの保管庫として機能し、個人情報以外にも画像データ・音声データ・動画データといった各種データの保存先でもあるmicroSDカードの二つがその代表格となり、SIMカードのデータの消去方法はスマートフォンに差し込んだままスマートフォンの初期化、microSDカードのデータ消去方法はmicroSDカード内のデータの削除とデータ削除後の初期化で、両作業の後OSごとのデータ消去方法に従って本体記憶データを削除するわけです。

SIMカードもmicroSDカードも手元で保管するのが最善なのですが、SIMカードには契約する携帯会社との契約による返還の例外があり、microSDカードはスマートフォンとセットでのリサイクルが求められる例外があることから、それぞれのデータ消去法は知っておくべきでしょう。

スマホのリサイクルと個人情報

スマートフォンをどのような形で処分ないしリサイクルするにせよ、共通して留意するべきことは、スマートフォンに記録された個人情報の消去であり、本体の記憶媒体はもちろん、差し込み型記憶媒体等からも徹底して個人情報を消去しないと、個人情報の流出から思わぬ不利益を被りかねません。

リサイクル先の選択とリサイクル後の用途

リサイクル品として資源再生や売却による再利用を行ったスマートフォンは、基本的に資源としての再生のために工場へ送られるか、売却先からの転売といった、二つの道を辿ることが一般的です。 スマートフォンのリサイクル後の行方をそれぞれ追ってみましょう。

上へ