スマホのリサイクルと個人情報

スマホをリサイクルする前に

もしもスマートフォンをリサイクルするのであれば、絶対に行わなければならないことが、スマートフォンから個人情報を完全に消去することで、メーカーへの下取りの場合メーカーによるサービスの一環として、個人情報の消去を含むサポートが提供されることもあるものの、リサイクル品として資源回収に出したり、リサイクルショップに売却したりする場合、スマートフォンに記録されている個人情報を自分で消去するのが鉄則です。

携帯番号やメールアドレスをはじめとした個人情報を消去することも重要ですが、データの移行を準備することも大切で、あらかじめデータをバックアップし新端末への移行の準備をしておかないと、新規に各種データを手打ちすることになりかねないので注意を要します。

個人情報の流出が招くデメリット

スマートフォンに情報が残っていると何を招くかは明々白々であり、個人情報の漏えいひいては、個人情報の悪用を招くことになり、その被害はリサイクル品としてスマートフォンを手放した当人に留まらず、家族や友人・知人まで連鎖的に被害を受けるリスクが生じることから、決して軽視できるものでは無く、非常に大きなデメリットを招きかねません。

ちなみに、個人が被り得るリスクとして、スマートフォンに電子決算アプリを導入していた場合、それをそのまま利用されることや、個人情報を抜き出されて悪用されるといったリスクが想定され、家族や友人・知人が被り得るリスクは携帯番号やメールアドレスが流出することで、それらが犯罪等に流用されるリスクが生じることが想定されるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ